そら
青空治療院
お問い合わせ

Tel 042-649-2323 (予約優先)

月~土 9:30 - 19:30 (受付時間)

祝       9:30 - 18:00 (受付時間)

日曜定休

​アクセス

〒192-0083 八王子旭町8-10 比留間ビル5F

​八王子駅北口から徒歩3分

Please reload

瞑想講座:小さな穴

 私は講座を受けてまだ3回目です。この講座を受けるきっかけは、青空治療院の治療を受けたことによります。

 

 数年前より夫の母が体調を崩し、時々精神を錯乱していました。原因は6年前、義母(ハハ)の連れ合いが60代でまだ若かったのですが突然死んだことによります。それから義母は「私が首をつったら、私じゃ無いからね!新聞屋かもしれない」とか「私の同僚が信用金庫から情報を盗み、ストーカーしている」など頻繁に口走るようになりました。

 それが心配のあまり、私も一緒に体調を崩しまた。

 

 結婚したとき、唐突に義母が「あなた方とは同居しないから」と私を拒絶しました。理由は、私が動物が好きで犬や猫を飼っていますが、それが不潔で嫌だったそうです。

 私はこの両親をお世話をしたくて言っただけでしたが、帰ってきた返事に得体の知れないものと将来の不安を感じてショックでした。

 後に夫は事業の失敗とギャンブルで多額の借金を抱えていたことが分かりました。

 

 私の実家でも深刻な問題がズーっとあり、今でも母が苦労している状態です。言いたくないのですが、40~50代の兄二人が引きこもりで定職に就いていません。そして父は病気がちです。母の少ない収入で家計を支えています。

 

 今、私はまとまった仕事に就いていませんが、私の夢は両家族を救うことです。特に実家の兄二人が仕事をしてくれることです。そうすれば、母の悩みは無くなります。

 

 それで友人たちや知人に相談したり、私に出来ることは何でもしました。しかし相談した人全員「現実的に、それは無理だよ」と言いました。それは私の体を心配してくれてのことですが、夢を諦めろということでもありました。

 私は公園のベンチにフラフラと力なく座り「誰も味方はいない、もう打つ手は無し、破滅への囲い込み完了」と感じました。そしてこの囲い込みに穴を空けることは一生出来ないと思いました。

 それからは、もっと精神も肉体も衰弱の一途をたどったのでした。


 青空治療院に来る少し前に、運命はどん底になりました。

 夫は、幼少期からズーっと母親の愛情をもらえず育ちました、それは夫の弟が知的障害を持って産まれたからでした。

 私が想像するに、馬力のあるすさまじい義母は、障害児の次男にだけに猛烈な愛情を注いたのでした。

 義母は次男のためなら何でもしました、結果、連れ合いを責めたり無視したりしたのではないか・・・。

 後に義母の連れ合いは、部屋で首をつり自らの命を絶ったのでした。

 私の夫は、次男が生きているときも死んでからも母から愛をもらえませんでした。それで夫は「私は愛されない必要の無い子供なんだ」と思いました。

 その不安や欠乏感や自信のなさがギャンブルに依存したり事業を失敗させたのだと思います。

 

 夫は自分の借金を実家が作ったことにして嘘を言い、そのことを10年以上隠していたのでした。私は裏切られました、それで何度も別れることを話し合いました。

 「生活態度を直してくれないなら別れます。貴方はちっともハッキリと態度に示してくれない」などと根気よく折に触れ言い続けました。

 とうとう夫の尻ぬぐいや、私を拒絶する義母の態度に疲れ果て、このファミリーに対する未練などとうに無くなりました。

 

 実家には心配を掛けるので電話は決してしなかったけど「家に帰りたい」と何度も涙しました。

 しかし、実家は更に悲惨な状態です、帰っても安らぐ場所はありません。

 

 どうすれば良いのか?・・・さて、夫は例によってぐずぐずして曖昧な返事でした。これではどうしようも無いと思い、離婚を決断して言いました。

 そして発した言葉が・・・「私はどんなことがあっても別れない」と大声で言ったのでした。未練が有るから無いからの感覚ではありません、何故か心の奥から出た言葉でした・・・。

 

 さて、青空治療院とのご縁についてですが。

 いまや全てが虚しく、破滅の時をじっと待つだけの日々でした。そんなときに、青空レディースクリニックの隣の看板を見てフラフラっと入ったのが青空治療院でした。

 診察の時、自分の状態と家庭環境を話したら、先生は「貴女ならできるよ」と言ってくれました。一瞬「えっ!」と驚きました。

 その言葉には力があり本当にうれしく一気に明るくなりました。さらに具体的に今の私に出来ることを教えてくださいました。

 そして、願いが叶うならどんなに大変でも辛くても頑張れると思えました。

 

 先生は小さな穴を開けて光を入れてくれたのでした。それは小さな穴ですが、私にはとても大きな希望に思えました。きっと、先生は大切な時間を使って考えてくれたのだと思います。本当に感謝です。

 先生のためにも私の大きな夢は叶えないといけないと決意しました。

 

 後に瞑想講座を勉強してから分かったことですが、私の捨て身の発言に、夫は「こんな俺でも、心から愛してくれる人がいる、必要としている人がいる」と悟り、母の呪縛から解き放たれたのでした。

 私が「生活を改めないなら別れる!」と何度も言っていたときは、少しも態度が改まりませんでした。とうとう絶望して別れることを決断しました。

 それが、この真逆のセリフだったのです・・・。

 独白(私はおかしくなったのか?)

 それから夫は徐々に変わってきました。やっと私は自分の手で自分の家族を作ったのだと思える日が来ました。

 本当の夫の姿は、頼りになる愛情のある人だと思いました。

 

 この数日間の体験で、『真心から出た言葉は奇跡を生む』と実感しました。私も先生のように、打つ手が無く苦しんでいる人に言葉や行動で「小さな穴」を開けられたらいいなと思いました。

                                感謝

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

RECENT POSTS

Please reload

ARCHIVE