そら
青空治療院
お問い合わせ

Tel 042-649-2323 (予約優先)

月~土 9:30 - 19:30 (受付時間)

祝       9:30 - 18:00 (受付時間)

日曜定休

​アクセス

〒192-0083 八王子旭町8-10 比留間ビル5F

​八王子駅北口から徒歩3分

Please reload

苦手な男性の上司を許せるか

※最初にお断りいたします。文章内の( )は年長者に分かりやすくするために院長が付け足しました、そのため本文の勢いを少し損なっていますので括弧内は飛ばして読んで下さい。

                                  院長

本文

 この男性には相当理不尽な仕打ちをされ、嫌な目にあった、思い出したくも無い人である。しかし瞑想講座でこの課題をいただき、再度この男性との人間関係を考えることにしました。

 

 かつて先生は、「貴女は、仕事で自分の優秀さを証明するために行動してはいけない」と言われました。確かにこのことを「この人の欠点を指摘する」ということでやっていたと思いました。

 この人は、もともと私の苦手な「いいかげんでヘラヘラしている」タイプなので、私はどうしても間違いを指摘したり、遅い仕事を催促するようなことを止められませんでした。

 

 私としては「情報を正すことで円滑に仕事が進められるようになった!」とすっきりした気持ちでいました・・・、が、その人にとっては、新人に欠点をつつかれ続けるのはきっと面白く無かったでしょう。

 また、この人に対して友好的になれなかったのは「若い女の子とはこういうものだ」というバイアス(偏見、思い込み)が強い人で、人それぞれ個性が違うということが理解してもらえません。それで自分を理解してもらう努力は、だんだん億劫になっていったというのもあります。

 

 例えば、若い子ならかわいいものが好きなはず、ディズニーが好き、あの映画をみてるはず、あのドラマを好きなはず、ジャニーズが好きなはずetc.というような決めつけです。

 正直私はこのテンプレ(PC用語:ひな形、同じ物をコピーするときに模範となる型)には一切当てはまりません。

 気を遣って話題を振ってくれるのはわかるので、最初は素直に「それは知りません」と伝え、逆に「こういうものが好きです」と伝え続けていたのですが、一向に「若い女の子バイアス」が掛かった扱いをされます。

 

 これだけだと何が嫌なのかあまり伝わらないと思いますが、要するに会話の端々に「若い女の子ってどーせこうなんでしょ」といった馬鹿にしているようなニュアンスが感じられるのです。

 それが嫌で私のほうもだんだんそっけない態度になっていきました。

 

 しかし、今思い返すと逆に私の方から彼に興味を示したかというと、一度もそういうことは無かったと思います。実際彼に興味が無かったからです。

 それは向こうも同じだったかも知れないのに、コミュニケーションをとるために話しかけてくれていたと考えると申し訳ないことをしたと思います。

 でも仕事をする上で「若い女だからってなめられたくない」という思いがどうしてもあり、この人の態度に対する反発心を押さえられ無かったのだと思います。

 

 また、そもそも私がこの人と仕事をすることになったのは、たまたま私の作品がその部署の担当者の目にとまり、そこから社長の目にとまり気に入られ、参加することになったという、ある種ラッキーなきっかけによるものでした。

 

 仮定ですが、もしその人が苦労してこの会社に転職してきたのだとしたら、私の存在に劣等感を感じ、傷つけられていたということも有ったかもしれません。

 

 何度かこのテーマで内省瞑想をしたのですが、また新しい視点を見つけることができました。

 正直、仕事がいい加減なことについてはまだ許せませんし、やっぱり二度と一緒に仕事したくありません。

 でもコミュニケーションの中で私にもたくさんの反省点があることに気づけました。今後の人間関係にいかしていきたいです。

                                   合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebook でシェア
Twitter でシェア
Please reload

RECENT POSTS

Please reload

ARCHIVE